無限に拡がる自己の可能性に向けて

人間関係 コミュニケーション

人間関係で大事なこと

人間関係で一番大事な要素は、お互いを認め合い尊重することなのですが、お互いの自由意志を認めることができず、相手の領域に対して、様々な価値判断を下すということが起きています。

そしてもっと大変なのは、相手のすることを変えたり怒ったりします。

 

ここではコミュニケーションの大事な要素をみていきましょう。

<相手をそのまま受け取る>

相手の言葉をそのまま聞かず、自分なりの解釈をすることがあります。

例えば、あなたはとても美しいという言葉を相手が言ったとしましょう。

すると受け手は、そのまま受け取らず、きっとお世辞を言って、本当は何かをたくらんでいるかもしれないとか、私を気遣っていってくれているとか、色々な推測で物事を捉えて、ちゃんと相手が送ってくれる思いを受け取らないことがあります。

きっとこの人は嘘をついているに違いないとか曲げて受け取るのです。

 

<相手を変えようとする心理に気づく>

 

コミュニケーションで相手を変えようとしたくなる心理について。

 

期待を越えて強い要求、又は罪悪感を植えつけて、正しくなければならないのではないかという問題を相手につきつけます。

この場合、相手が自分が禁止していることを、いとも簡単にやって見せてくれる場合におきます。

又は相手の中に見たくない、感じたくないフィーリングを感じた場合、自分のその感情、フィーリングに耐えられなくなるので、相手を変えよう、又は変わらなければならないと要求することになります。

 

<相手の感情にひきずられないこと>

 

 受動的攻撃性のところで書きましたが、主体的に生きていない場合、誰かの指示や誰かの概念に従っている場合、相手に好かれなければならない必要性が出てきます。相手の感情にひきずられてしまうのは、排除されることや認めてもらえないことでストレスを感じるため、相手の感情に同意しなければならないと思っているためです。

 

女性特有の「みんな一緒よね?」という暗黙のルールが、それに従いたくない、同意したくない気持ちになった時、グループから抜ける選択ができないと、自分を責め、自分の意見を封印して誰かに従って生きることになります。

 

それが自分や周りに嘘をつき誤魔化し続けて生きることになり、受動的攻撃性の始まりとなっていきます。

人間関係で大事なことは、自分と相手の両方を尊重すること、そして相手をそのまま受け取り、それに対して反応を返すことです。

主体的に自己を表現していなければ、相手をそのまま受け取ることができません。