無限に拡がる自己の可能性に向けて

聖者サイババとの出会い

<生きる意味が分からなければ自分を見出せない>

 

1997年5月ブッダプールニマ祭

インドへ

 

3歳の時、16歳で私を産んだ母は家を出て行きました。父は一家心中をしようと私にガス管をくわえさせましたが、私が泣いたので、我に返り私は助かりました。その後親に捨てられた私は神道系の教会に預けられ28歳まで笑わない子でした。

 

心が乾いていたのです。

ずっと愛と真実を求めていました。

何をしても空虚感は消えず、それでも必死に生きるしかない日々が続きました。

そしてある日、本屋で目にしたサイババの本に釘付けに・・・。

私はすべてを捨てて、インドへ飛び立ちました。

 

インドでは殆どの時間を瞑想と奉仕の時間に費やしていました。

私は神に問いかけ求め続けていました。

そしてとうとうサイババに出会ったのです。

片時も目を離すことはできませんでした。

 

出会った者にしか分からないそのエネルギー・・・。

サイババは私の魂を震わせ、私は深いところで何かが変わっていくのを感じていました。

 

あちこちで奇跡が起きていました。

私への奇跡は帰国した後に起こるとは、この時思いもしなかったのです。

 

帰国の最後の日、私達日本人グループは、インタビュールームに呼ばれました。

 

サイババは私から手紙を受け取り、私は神の御足に触れました。

完全なる無の瞬間でした。

私の魂は愛で満たされていったのです。

 

あの時のことを私は一生涯忘れることはないでしょう。

神との出会いは、私の人生を変えたのです。

  

サイババの奇跡の実際の話(この話が大好き)

本当に出会った者にしか分からない領域がある