無限に拡がる自己の可能性に向けて

エンジョインド・ソウル(結合した魂)とは

スピリチュアルで結合した魂のことをエンジョインド・ソウルという。

魂は地球の物理次元に転生するためには、一番初めに、もう一つの魂と結合しなければなりません。

魂は元々、性別はないのですが、結合して男性性、女性性のエネルギー的傾向のバランスをとることになります。

物理次元にいようと、いないときでも関係なく、創造を探求する時の原動力となります。

これが魂の基本的な質になり、生命エネルギーを放射します。

二つの魂は、お互いに観察したものをシェアしあうので、まるで一つに見えます。

この片割れをツインソウルとも言います。

二つの魂はたった一度の転生を一つの肉体で共にすごすかもしれないし、何百回も一緒に転生するかもしれません。

一人が転生しても、もう一人は転生しないかもしれません。

結合した魂は完全に共感し、同調します。

地上でパートナーシップを行う時、彼らの完璧な心身とスピリットの波動は、他の人々に影響を与えます。

前にいた他の惑星システムから、この地球というシステムにソウルグループと一緒にやってきた二人の誓いは、結婚の誓い「二人はもはや二人でなく一体である。神が合わせたものを人は離してはならない」と同じです。