無限に拡がる自己の可能性に向けて

アトランティスとは

「アトランティスは実際に存在したのか?」

 

アトランティスは本当に実在したのではなく、作られた伝説であるという説があるが、実際に存在していました。考古学では地中海の底に200以上の町が沈んでいることが実証されています。

プラトンは「ティマイオス」と「クリティブ」の会話の中で、紀元前370年にアトランティスを描写しました。プラトンによれば、アトランティス崩壊は紀元前427年よりおよそ1万年前に起きたとしています。

 

「アトランティスの場所はどこだ?」

 

場所はジブラルタル海峡から少し離れた場所、大西洋上の島で、中心はオスシーラ(現在の地中海)と呼ばれる場所です。

アトランティス文明は約1万3千年間存在していました。

現在のイタリアのイオニア海の海岸線から、リビアのシドラ湾の南まで広がる巨大な湖がありました。

ナイル川はその谷を流れ、その湖を形成しました。湖の岸は、スペインの北海岸まで達していて、自然に出来上がったダムが大西洋の水がアトランティスの谷へ流れるのを防いでいました。

大きな方の湖の中心には、古代の火山が爆発した時にできた島々が、同心円上に存在していました。

火山がもう活動しないことを知っていたアトランティスの人々は、この島々を儀式を執り行う中心の場所に選び、特殊な金属と極端に硬い石を使って永遠の都市を築きました。

 

「アトランティスの人々の様子とテクノロジー」

 

村や共同体は人々が一つに交流するという理想のうえに作られ、自然と調和していました。

様々なタイプの農業があり、異種交配による新しい新種が生み出されていきました。

アトランティスの人々のエネルギーは想念のエネルギーでつくられていました。

エジプトの壁画にには、透明のチューブ状のものに頭を入れている図形が描かれています。

チューブの端は箱に連結していて、訓練を受けた特定の人々は、ひじょうに高いレベルで想念エネルギーを放出させて貯蔵し、今度はそれを増幅して一般の人々がエネルギーを使っていました。

この新しいテクノロジーを紹介した人々はエーテル界の波動を少し下げて物質化する時に、自然へどのような影響を与えるのかを常に考慮していました。

流通硬貨は純粋な「創造力」で、裕福とか貧乏とかがありませんでした。

アトランティスの人々は純粋な幾何学形体が人間の意識に与える力を理解しています。

アトランティスの人々はピラミッドの形と人間の声によってエーテルエネルギーを集めて物体を動かしました。ピラミッドはプラミッドの形と声によってエーテルエネルギーを動かして作られたといえます。

だから短い期間で黄金比で出来上がっていて、今の技術では到底できない奇跡的な作りになっています。

 

アトランティスの人々の交流は共感とテレパシーで交流できました。