無限に拡がる自己の可能性に向けて

ファーストモーメント(始まりの瞬間)

スピリチュアルで言われるファーストモーメントについて

 

これを説明するには、宇宙の始まりから、生命の進化について話をしましょう。

 

ファーストモーメントとはすべてが始まった起源、始まりの瞬間のことを言います。

 

宇宙が始まる前、完全なる無・・・何も存在しなかったのです。


何らかの量子的な揺らぎが生じ、始まりの瞬間(ファーストモーメント)と呼ばれるドット(点)から有が生まれました。

 

その瞬間聖なる意識と聖なる物質が解き放たれ・・・

そして宇宙が創造されました。

このドットを創造主という人もいます。

 

解き放たれた物質は無限の可能性へ向けてスタートし、様々な進化を遂げ、最終形態はドットに戻っていきます。これを円環といいます。

 

生命の進化はいつでも、このファーストモーメントのすべての可能性を表現するが如く進み

最終的には何もなかったドットの点に戻っていきます。

 

宇宙が創造され、銀河系ができ、惑星ができあがりました。

 

地球はビックバンと共に、長い年月をかけて星の欠片が集まり生命体が誕生しました。

 

分子が集まり形体になると、形体に意識が宿ります。

物質と呼ばれるものはすべてが生命体であり、このすべての中にファーストモーメント、ようするに創造主と呼ばれる意思、聖なる衝動が包含されています。

 

私達の魂と呼ばれる意識も、このファーストモーメントを含み、量子的な揺らぎによって無から有が生じなければ、すべては存在しなかったのです。

 

魂を大いなる意思という人もいます。

それは創造主(ファーストモーメント)に似せて創造されている(含んでいる)からです。

 

そして私達は大いなるワンネスから個別化され、人間体験をしているのです。

人間体験とは、様々なドラマを繰り広げ、無限の可能性を知る旅のようなものです。

 

多くの感情を伴いながら、世界に散りばめられているファーストモーメントを含んだ、すべての物象の美しさの中に個を思い出し、見出していく旅なのです。